転職活動は在職中から行動を始めたほうがいいの?

転職活動は在職中から行動を始め、転職先が決まってから辞めるのがベストです。
退職してからの期間の時間が自由に使えますし、すぐにでも就業することはできますが、転職がなかなかうまくいかないことも想定されます。
無職の期間が半年を超過してしまうと、採用の可能性が低くなっていきますから勢いで現状の職を辞めてしまわないようにしましょう。
転職をする時期は、賞与を貰ってからの方が収入も増えますし、オススメです。
ボーナス月に退職しようとお考えの方もたくさんいらっしゃると思いますが、その頃までに転職する会社を決めておいた方が効率的でしょう。
ベストなのは、退職はボーナス月にして、その後、すぐに新しい職場に就けるように行動を起こすことです。
転職時の履歴書の書き方のコツですが、それまで在籍していた会社でどんな仕事をしていたのか、どういった業績を残したのかなど、自分が仕事で、どのような成果を残したのかを明らかにして書くことが大事な点です。
転職する際には、まずは、履歴書を通して自己アピールすることが不可欠なのです。

http://www.tensyokuagent-hikaku.com/