保湿成分と化粧品比較なら?

ひとくちに保湿成分配合の化粧品と言っても、その種類はいろいろです。
保湿化粧品の成分の中でもセラミド成分は、最近話題となっているものです。
細胞間脂質であるセラミドは、肌の表皮細胞の間を埋めるものです。
たくさんセラミドがあるほど、肌は保湿力が高くなります。
セラミドはもともと肌にある成分なので比較的肌に吸収されやすいようです。
繰り返し使うことで乾燥した肌にうるおいを持たせることが可能となります。
補う効果も、加齢とともにセラミドは少なくなっていくのであるといいます。
保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲンも他に、よく化粧品に使われている美肌成分の一種です。
コラーゲン成分やヒアルロン酸の方が値段は、セラミドと比較すると安いようです。
価格的にも、セラミドは主に保湿化粧品の中でも高価な美容液に使われていることがよくあります。
ヒアルロン酸は化粧水に配合されていることが多いようです。
尿素やビタミン類が配合されているものも、医薬品に近いものでは高い保湿効果があるといいます。
ハンドクリームやボディクリームなどに使われることが多い尿素系の保湿剤は、化粧品にはあまり使われていません。
それほど顔に使う化粧品では一般的で無いそうです。
けれどもグリセリンに尿素を配合するケースも、自分で肌の弱い人が化粧水を作る場合にはあるようです。
保湿効果をより一層を高めることができるでしょう。