消費者金融と銀行カードローンの違い

カードローンを取り扱っている所は、消費者金融のほか、銀行や信用金庫でも商品としてあります。
消費者金融の物と銀行系の物は何が違うのかと言えば、融資額の大きさ・金利の低さでしょう。
申し込み方法や融資実行までの流れは、双方たいした違いはありません。
ですが、融資可能額が大きければ大きいほど、他のローンからの借り換えやローンの一本化には便利ですよね。
どのぐらい違いがあるかといいますと、消費者金融の物は、最高融資額500万円程度の物がほとんどに対し、銀行の物は800万・1000万といった所もあります。
ですが、もちろん、必ずこの額を融資してもらえる。
と言う訳ではありません。
融資額は審査時に、消費者金融側・銀行側が判断し決定されます。
おまとめローン銀行がおすすめ?基準厳しい?【銀行審査口コミ】